衣替え

衣替えの季節です。

そうは言っても最近の温暖化で、とっくに夏服を着ていますね。

昨日も30度を超える夏日でした。

着物も時代に合わせて「気温に沿って切り替えを」と思いますが、

着物の世界はなかなかそう言い切れないところがあります。

 

時々開いてこのブログでも紹介する右の写真の「きもの歳時記」ですが、

「六月」の項にはやはり「衣替え」について書かれてあります。

時々着物を着ることはあっても「暑いから夏はちょっとね」とおっしゃる方もいると思いますが、実は夏の着物の生地には沢山の種類があって、選ぶ楽しみ・着る楽しみがあるんですよ。

 

この本には、かつての日本人が夏の始まる前のこの時期から夏にかけて、

繊細な感性を以ってそれらを着分けていたことが記されています。

それは生地の種類にとどまらず、季節の先取りによって選ばれる着物や帯の柄や

その取り合わせにまで及び、日本人に生まれた喜びと着物をまとう楽しみを教えてくれる内容です。

 

季節は6月1日に線で引いたように変わるわけではないので、その前後で選ぶ着物も行ったり来たりするのですが、

その中できっちり6月1日に変わるのが半衿。

それまでの塩瀬の半衿が、絽の夏物になります。

半衿から始まって、帯揚げも絽になり、帯もだんだん夏らしくなって行き・・・

7月からは、きっぱり夏!になります。

ですから、着物ではどんなに暑くても麻は夏のもの。

6月にはちょっと早い気がします。

 

阿波しじら
阿波しじら

同じ「六月」の項の中に、「阿波しじら」のことが書かれてあります。

阿波しじらは徳島県の織物で、木綿です。

ワッフル地なので肌につかず、サラッと着ることが出来るし、軽いです。

木綿なので自宅で洗えるので、汗をかく季節には嬉しいですね。

ワッフル地のため、自宅で洗ったあとのアイロンも要りませんよ。

汗をかくようになってきたこの季節・・・けれど着物を着てみたい!

そんな着物初心者さんに、オススメの着物かも知れません。